静岡で小中学生向けの家庭教師を選ぶポイント

中学受験希望者も多い静岡での家庭教師選びに重要なのは、「指導方針」と「子どもとの相性」です。

基本的に医学部の学生など、学力が高いことを基準に選びがちになる家庭教師ですが、よほど将来的にレベルの高い大学を目指している場合でない限りは学力はほどほどで十分です。
むしろ、医学部生は「できない」という経験をあまりしてこなかった可能性もあり、「わかりやすくかみ砕いて教えることができるか」という点で考えると、医学部の学生よりも教育学部出身者のほうが上手な可能性が高いでしょう。

家庭教師は子どもと1対1で教えることになります。



小学生や中学生の場合は慣れてくると甘えに繋がりやすい環境です。



そのため「指導方針」にぶれがないかどうかが非常に重要になります。
子どもに寄り添い仲良くなることももちろん重要ですが、「宿題の量を安易に減らさない」「時間制限を設けて緊張感のある授業ができるか」など厳しさも併せ持った指導者としての資質を見極める必要があります。



そして「子どもとの相性」は成績アップに直結する重要なポイントです。
よく叱るよりも「褒めて伸ばす」方が良いと言われるため、全てにおいて甘い先生が多くなりがちですが、甘やかすことと褒めて伸ばすことは全く違う行為です。


また、「効果的な褒め方」を知っているかどうかも生徒に与える大きく影響します。これは静岡にとどまらず全国的に言えることですが、特に家庭教師や塾が乱立する地域である静岡で小中学生に対する家庭教師選びの際には上記の2点に重きを置いて見極めると失敗がありません。